平成29年度 覚えておきたいスポーツ現場での応急処置
    スポーツ活動の中で、突発的に発生する事故の傷病者に対して、
指導者が行える『応急手当・救急法』の正しい知識と技術を習得することを目的としています。
 
                        
     
日 時   平成29年6月10日(土) 午後4時00分〜午後7時00分 (受付時間 午後3時40分〜)
     
会 場   草加市スポーツ健康都市記念体育館 1階会議室
     
主 催
講 師
  公益社団法人埼玉県柔道整復師会 草加八潮支部
共 催   公益財団法人草加市体育協会
     
対 象   18歳以上
     
内 容   スポーツ中に発生する外傷(擦り傷・捻挫・骨折など)の応急手当を学ぶ
[学科] ・RICE処置の基本
      ・安静・固定の注意点
      ・骨折・脱臼・捻挫・打撲の応急処置
      ・身体各部のケガの種類と対応

[実技] ・三角巾の使い方
      ・簡単な包帯法
      ・テーピング 
 
     
注意事項   1.開始時間に遅れないようにしてください。
2.講習会当日は午後3時40分から受付を開始します。
3.動きやすい服装、筆記用具、室内履きをご持参ください。
 
     
その他   講習に必要な教材(テーピング・包帯など)は主催者が用意します。 
     
レポート   参加者31名
普段スポーツをしている方のほとんどがケガをしたことがあると思いますが、
そのケガをどのように処置するのかを考えさせられる講習でした。
参加者のほとんどが指導者で、みなさん熱心に講義を受けていました。


 
 


講習会一覧にもどる