キッズクラブ 体力UPプログラム

選抜テスト(追加募集)合格者(平成29年12月28日(木)
   

〜キッズ体力UPプログラムとは?〜

「キッズ体力UPプログラム」は、スポーツ能力に優れた素質を持つ子供達を選抜し、運動基礎能力を向上させるプログラム(カリキュラム)を実施して、子供の基礎体力の向上と競技種目への導入を図ることを目的とします。

〜プログラム内容について〜

どのスポーツでも必ず必要となる基礎的な運動能力である「走力・投力・跳力」をレベルアップさせるための基礎トレーニングを実施します。
いわゆる基礎トレーニングと言われるものは、“単純かつ面白くないもの”と相場が決まっていますが、実験的かつ試験的なカリキュラムを実践することにより、子供が楽しく興味を持ちながら体力レベルを向上できるよう実施していきます。
主に運動神経を鍛えることにより、今後の様々な競技種目への導入を促します。どの競技に進むにしろ、運動神経を鍛えるには、全世代で比較した場合、ゴールデンエイジ(8歳から12歳ごろ)と呼ばれるこの年代でのトレーニングが一番伸びやすいことは科学実験等で証明されています。この頃は、運動神経の伸びしろ(成長余地)が非常に大きいので、この小学生のころのトレーニングが非常に重要になってきます。
例えば、「定置能力」と言われる、自分の周囲の人や物との位置関係を正確に把握する能力は、アクロバティックな競技やボールゲーム系の種目では必要不可欠な能力であり、例えば、サッカーのポジショニング能力や野球の守備位置(ベースとの位置関係)の把握などに必須の能力です。
また、「反応能力」と言われる、合図や相手の動きに素早く反応する能力は、鍛えることで適時・適切な速度に寄って合図に対する正確な対応動作を可能にします。例えば、短距離走などスタートに反応する早さなどがあります。
これらのことから、運動神経とは、今後様々な競技種目へ移っていくにせよ、非常に重要になるものです。
この「キッズ体力UPプログラム」では、主に運動神経を鍛え伸ばすプログラムを実施し、今後の競技種目への導入を目指していきます。


〜プログラムの目標〜
このプログラムでは、具体的に以下の2点を目標に活動をします。 

@埼玉県体育協会「彩の国プラチナキッズ」選考会の合格を目指します

埼玉県体育協会では、「埼玉県ジュニアアスリート(彩の国プラチナキッズ)発掘育成事業」を実施しています。

この事業は、県内の小学4年生を対象に、スポーツ能力に優れた素質を持つ子供たちを組織的に発掘し、関係団体と連携しながら、ジュニア期から発達段階に応じた適切な育成プログラムを実施して、中学校・高等学校の大会、国民体育大会を通し、将来、オリンピック・世界選手権などの国際大会で活躍し、県民に夢と感動を与えるトップアスリートを誕生させることを目的としています。

選考された子供たちは、小学6年生までプログラムを無料で受講し、スポーツにおける能力を計画的・継続的に向上させることを目指しています。新4年生の春に選考会があります。

  ※詳しくは、公益財団法人埼玉県体育協会ホームページをご確認ください。
    【URL】 http://www.saitama-sports.or.jp/
A基礎体力を向上させ、将来の競技種目への導入を目指します

基礎体力・運動神経を向上させるプログラムを継続的に実施することにより、将来の競技種目への選択の幅を広げ、競技種目への導入を促します。

特に、小学生高学年になると、様々な競技種目を専門的に始める子供たちが多いですが、どの種目に移るにせよ、基礎体力と運動神経が高ければ、比較的スムーズに競技をスタートすることができ、その後の競技の上達度も早くなります。


 ⇒戻る
⇒ページTOPへ